BLOG ブログ
ブログ
ブログ

お風呂に疲れて入れない!メンタルの病気&めんどくさい時の入り方

アフィリエイト広告を利用しています

パソコンの前でうなだれている女性

お風呂に入りたいけれど、疲れすぎて動けない、メンタルが低調でどうしてもめんどくさいと感じること、ありませんか?
特にメンタルの不調が原因でお風呂に入るのが億劫になることは、意外と多くの人が経験しています。
このブログ記事では、そんな時にどうすれば少しでも楽にお風呂に入れるか、具体的な方法を紹介します。
さらに、入浴剤を使ったリラックス方法や、簡単に実践できるお風呂の工夫についてもお伝えします。
お風呂タイムを少しでも楽しく、そしてリフレッシュできる時間に変えるためのヒントを一緒に見つけましょう。

お肌に優しい無添加のバスソルトを探しているのであれば、エプソピアがおすすめです。

エプソピアは100%国産無添加の入浴剤で、赤ちゃんの入浴にも使用できるほど肌に優しいつくりになっています。

お肌に不足しがちなミネラルやマグネシウムを補給して美肌効果があり、睡眠、疲労回復にも効果的です。

今なら最大55%OFFで購入できるので、ぜひチェックしてみてください。

EPSOPIAバスソルトの詳細はこちら>>

お風呂にめんどくさくて入れないのはなぜ?3つの理由

椅子に座りカップを持っている女性

お風呂に入るのがめんどくさく感じる理由はいくつかあります。
ここでは、

  • 疲れていて入れない
  • お風呂掃除が面倒
  • 出てからのスキンケアやドライヤーが面倒

この3つについて解説していきます。
これらの理由が重なると、ついお風呂に入るのを避けがちになります。

疲れていて入れない

疲れていて「お風呂」に入れないと感じることは、誰にでもあります。
特に仕事や家事で一日中動き回った後は、身体が重く感じることが多いです。
しかし、実は「お風呂」に入ることで、疲労回復やリラックス効果が得られるのです。
まず、入浴は血行を促進し、筋肉の緊張を和らげます。
さらに、温かいお湯に浸かることで副交感神経が活性化し、ストレスが軽減されます。
忙しい日々の中で、疲れて入れないと感じる時こそ、短時間でも「お風呂」に入ることをおすすめします。
特に、アロマオイルや入浴剤を使うことで、よりリラックス効果が高まります。
少しの工夫で、疲れを吹き飛ばすことができるので、ぜひ試してみてください。

お風呂掃除が面倒

お風呂掃除が面倒だと感じる理由は多々あります。
特に「疲れて入れない」日は、掃除どころか入浴自体が億劫になることも。
そんな時に役立つのが、掃除の手間を省くための便利グッズや方法です。
例えば、浴槽の汚れを防ぐための防汚コーティングスプレーや、手軽に使える使い捨ての掃除シート。
これらを活用することで、日常的な掃除がぐっと楽になります。

花王 マジックリン ふろ水ワンダー 20錠入
風呂水をきれいに保つ風呂水清浄剤です。
清浄成分が雑菌の繁殖を抑え、残り湯を清潔に保ち、気になるヌメリやニオイを防ぎます。
Amazonではこちら→花王(Kao) ふろ水ワンダー20錠 260円 
ルックプラス バスタブクレンジング クリアシトラスの香り 本体 500ml
汚れがこびりつく原因カルシウムを除去して浮かせて落とす「無力化洗浄」で、こすらずに60秒待つだけで汚れを落とせる。
Amazonではこちら→LION バスタブクレンジングクリアシトラスの香り 本体 500ml 281円
スクラビングバブル お風呂洗剤 バスクリーナー こすらずバリア フローラル 本体(500ml)
こすらずに汚れを落とすだけでなく、表面にバリアを形成し、汚れをはじきます。
浴槽に加えて、床・壁もこすらず汚れを落として、バリアします。
Amazonではこちら→【Amazon.co.jp 限定】 スクラビングバブル お風呂掃除こすらずバリア フローラルの香り 本体 500ml+ 詰め替え用 450ml×2個
キレキラ!バスクリーナー 徹底キレイ ウエットシート 12枚
浴槽の壁面・天井・壁・床などの汚れ落としもカビ予防も、これ1枚でまるごとキレイ
Amazonではこちら→キレキラ! バスルームクリーナーウエットシート 20枚×5  738円

出てからのスキンケアやドライヤーが面倒

お風呂から出た後のスキンケアやドライヤーが面倒だと感じることは多いです。
特に「疲れて入れない」日には、その気持ちが一層強くなります。
しかし、これらのケアを省略すると、肌や髪に悪影響が出ることも。
そこで、簡単にできるスキンケア方法やドライヤーの使い方をご紹介します。
まず、スキンケアは保湿が最重要です。
お風呂から出た直後に、化粧水や乳液をさっと塗るだけでも効果があります。
また、ドライヤーは全体を乾かすのではなく、 髪の毛が集中している根元だけを重点的に乾かすことで毛先にも風が伝わり時間の短縮が見込めます。
忙しい日常の中でも、少しの工夫で健康的な肌と髪を保つことが可能です。

NEW 美容師さんが考えた髪のためのタオル ハホニコ
水分を瞬時にふき取り、ドライヤーにかける時間を大幅に短縮。
Amazonではこちら→ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル 2,200円
とにかく髪が速く乾く 速乾タオル 毛髪診断士開発 ヘアドライタオル soin for hair (ソワン フォー ヘアー) ドライヤー時間半減 超吸水 マイクロファイバー タオル 速乾 吸水タオル
優れた吸水力・吸水スピードで、ドライヤーの時短を叶え、髪への負担を最小限に抑えます。
Amazonではこちら→毛髪診断士が美髪のためだけに開発したヘアドライタオル soin for hair 1,000円

疲労時にお風呂に入るメリットとデメリット

ベッドでぐっすり眠る女性

疲労時にお風呂に入ることには、いくつかの

  • メリット
  • デメリット

があります。ここでは、これらのことについて説明していきます。

メリット

疲れてお風呂に入れない日が続くと、体だけでなく心も疲弊してしまいます。
お風呂には「リラックス効果」があり、心身の疲れを癒す力があります。
温かいお湯に浸かることで血行が促進され、筋肉の緊張がほぐれます。
これにより、体全体がリフレッシュされるのです。
さらに、入浴後の「睡眠の質」が向上することも大きなメリットです。
温まった体が冷える過程で眠気が促進され、深い眠りに入りやすくなります。
忙しい日々の中で、少しの時間をお風呂に費やすことで、心身ともにリフレッシュできるでしょう。

デメリット

お風呂に入りたいけれど、疲れて入れないこともあります。
これは多くの人が経験する悩みです。
「疲れ」が原因でお風呂を避けることは、実は健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
例えば、シャワーだけで済ませると、身体がしっかり温まらず、血行不良や冷え性の原因になることがあります。
お風呂に入ることで得られる「リラックス効果」や「血行促進」は、疲労回復に非常に有効です。
しかし、疲れているときに無理にお風呂に入るのも逆効果です。
適度な休息とバランスを取りながら、入浴習慣を見直すことが大切です。

疲れてお風呂に入れないときの代替案

ホ蒸しタオルを顎から首にかけて押し当てている女性

一日の疲れがピークに達して「お風呂に入れない」こともあると思います。
そんなときの代替案

  • 体を清潔に保つための簡単な方法
  • リラクゼーション効果を得るための代替行動

この2つをご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

体を清潔に保つための簡単な方法

体を清潔に保つためには、毎日の「お風呂」が欠かせませんが、疲れて入れない日もありますよね。
そんなときは、蒸しタオルを使うと効果的です。
電子レンジで温めたタオルを顔や体に当てるだけで、簡単にリフレッシュできます。

リラクゼーション効果を得るための代替行動

お風呂に入りたいけれど疲れて入れない時、他のリラクゼーション方法を試してみましょう。
まず、深呼吸や瞑想はおすすめです。
静かな場所で目を閉じ、深呼吸を繰り返すだけで心身の緊張が解けます。
また、アロマオイルを使ったマッサージも効果的です。
ラベンダーやカモミールの香りはリラックス効果が高いです。
さらに、軽いストレッチで体をほぐすことも忘れずに。
特に、肩や首の筋肉を伸ばすと血行が良くなり、疲れが和らぎます。
音楽を聴くのも良い方法です。リラックスできる音楽を選び、目を閉じて音に身を任せましょう。
これらの方法は、忙しい日常の中でも簡単に取り入れられます。

疲労を軽減し、お風呂に入るエネルギーを得る方法

ビタミンBのサプリメントの瓶。周りにサプリメントがばらまいてある。

疲れてお風呂に入るのが億劫なとき、まずは「深呼吸」をしてみましょう。
数回の深い呼吸で心と体がリラックスし、エネルギーが湧いてきます。
また、軽い「ストレッチ」も効果的です。
ここでは、疲労回復のための

  • 栄養補給
  • 適切な休息と睡眠

について解説していきます。

疲労回復のための栄養補給

疲労回復のためには「栄養補給」が欠かせません。
特に、ビタミンB群やマグネシウムが豊富な食品を摂取することで、疲れを感じにくくなります。
しかし、疲れてお風呂に入れないほどの状態では、食事もままならないことがあります。
そんなときは、手軽に摂取できるサプリメントやプロテインドリンクを活用すと良いでしょう。

キューピーコーワ ヒーリング錠 120錠
3種の生薬・5種のビタミン・アミノ酸などから構成されるビタミン剤で、疲労回復・栄養不良に伴う身体不調を改善します。
また、カフェインを配合していないため、おやすみ前にも服用ができ、“休息したい体”に適した処方となっています。
Amazonではこちら→キューピーコーワヒーリング錠 120錠
【 指定医薬部外品 】バイタルアップ(30錠)
最近疲れやすい…体が重い…と感じたら、疲労の回復・予防に!
Amazonではこちら→ バイタルアップ (30錠 約1ヶ月分 / 指定医薬部外品) 1,780円

疲労回復のための適切な休息と睡眠

疲労回復には「適切な休息」と「質の良い睡眠」が不可欠です。
しかし、疲れすぎてお風呂に入るのも億劫なことがあります。そんな時は、短時間でも効果的な方法を試してみましょう。
例えば、ぬるめ(38度くらい)のお湯に浸かると、副交感神経が優位になりリラックスできます。
また、入浴剤を活用するのも一つの手です。
ラベンダーやカモミールなどの香りは、リラックス効果が高く、入浴を楽しむことができます。
お風呂に入る時間がない場合は、足湯だけでも効果があります。
足湯は全身の血行を促進し、疲労回復を助けます。
お風呂に入れない日は、温かいタオルで体を拭くこともおすすめです。
これにより、体が温まり、リラックスできます。睡眠前のリラックスした環境作りも重要で、
スマートフォンやパソコンの使用を控え、暗い環境でのんびり過ごすと良いでしょう。

うつ病や自律神経失調症との関係

シャワーから水が勢いよく出ている

お風呂に入ることで「自律神経」のバランスが整い、うつ病や自律神経失調症の症状緩和に役立つと言われています。
特に、温かい湯に浸かることで副交感神経が優位になり、リラックス効果が高まります。
しかし、疲れて入れないと感じる日もありますよね。
そんなときは、シャワーだけでも効果があります。
短時間でも温かい水に触れることで、血行が促進され、体が温まりやすくなります。
また、アロマオイルや入浴剤を活用することで、さらにリラックス効果が期待できます。
このように、無理のない範囲でお風呂を利用することが、心身の健康維持に繋がります。

まとめ:お風呂に疲れて入れないときのポイント

本の上にハーブティーが置いてある

お風呂に疲れて入れないときは、無理せず「休息」を優先しましょう。
体が疲れているときは、無理に入浴するよりも「リラックス」が大切です。
入浴は体を温め、血行を良くする効果がありますが、疲れが溜まっているときは逆に体力を消耗することもあります。
そんなときは、ぬるめのお湯で足湯をするか、蒸しタオルを使って体を温める方法もおすすめです。
また、アロマオイルやハーブティーなどを活用して、心身ともにリフレッシュするのも効果的です。
自分の体調に合わせた「セルフケア」を心がけ、無理なくリラックスできる方法を見つけましょう。

お肌に優しい無添加のバスソルトを探しているのであれば、エプソピアがおすすめです。

エプソピアは100%国産無添加の入浴剤で、赤ちゃんの入浴にも使用できるほど肌に優しいつくりになっています。

お肌に不足しがちなミネラルやマグネシウムを補給して美肌効果があり、睡眠、疲労回復にも効果的です。

今なら最大55%OFFで購入できるので、ぜひチェックしてみてください。